Enjoy your DRONE, Enjoy your COLOR.

アナタのドローンを、”貼って・剥がせる”フィルムで好みにカラーチェンジ。高級車にも施工できるフィルムのみを採用しているから安心。

もっとオシャレに、もっとカッコよくドローンを持ち歩きたい人のためのサービスがDroneWraps®です。

圧倒的な視認性向上、ドローンカスタムのファーストステップとしてご利用ください。
刻印

冬期休業のお知らせ

拝啓  師走の候、皆様方におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。 

さて、誠に勝手ながら弊社では、12月29日(土)~1月3日(木)までを冬期休業期間とさせていただきます。

冬期休業前後の商品注文・配送について
*年内注文及び発送最終日:12月28日(金)18:00までの注文まで当日対応いたします。
*休業中のネットでのご注文:通常通り(発送につきましては1月4日より順次対応)

尚、年始の営業は1月4日(金)9:00~となりますのでご了承ください。

皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。    

                                                敬 具

こんなお悩みありませんか?
  • 機体やプロポをスクラッチ傷から守りたい
  • メーカーに指定のないカラーを楽しみたい
  • 他の人と違うドローンで優越感に浸りたい
  • 視認性を向上させたい
ひとつでも当てはまる方、お試しください。
フィルムによるドローンのラッピングサービス
「DroneWraps®」がアナタのお悩みを解決します!
圧倒的な視認性
機体・プロポの保護
ライバルとの差別化
ライバルとの差別化
Photo Gallery from Instagram

ドローンラッピングとは?

フィルムで機体を保護しながらカラーチェンジを楽しめる、ドローンカスタムのファーストステップ
せっかく購入したドローン、決して安いものではないのでやはり、誰でも大切に扱いたいもの。でも、どうせならついでにカッコよさ・オシャレ感も求めたい。そんなアナタのために、貼って糊残り無く剥がせるフィルムをドローンに貼ってしまうサービスを私たちは日本で初めて考案いたしました。

ココが違う!DroneWraps®と他サービスの比較

  • 業界唯一! 3M 4-Star(★★★★)ラッピングインストーラー資格所有。
  • 日本初! ドローンラッピングサービスリリース。業界の先駆け。
  • 業界唯一! 企画・開発・製造・施工まで一気通貫で国内自社対応。
  • 貼って糊残り無く剥がせ、機体に影響を与えないフィルムのみを厳選採用。

  • カーボン柄やヘアライン調などの特殊なフィルムもご用意。

  • 日本初!業界唯一! 企業ロゴ・コーポレートカラーなどの特注への対応が可能。
  • 業界唯一! 3M 4-Star(★★★★)ラッピングインストーラー資格所有。
3M 4-Star(★★★★)Wrapping Installer
DroneWraps®を運営する株式会社ダイヤサービスは、ドローン業界唯一の3M 4-Starラッピング資格を所有しております。卓越した技術と長年のフィルムへのノウハウ、その違いをドローンラッピングのフィルムを通して感じてください。

DroneWraps®は注目の高さが違います。
2017年、国際ドローン展にてスカイリンク・ジャパン様ブースに展示いただきました。
今話題のドローンラッピング「DroneWraps®」のMAVIC PRO2台を、国際ドローン展スカイリンク・ジャパン様のブースに展示いただきました。多くの方にドローンの新しい楽しみ方を知っていただくことができ、大変光栄でございます。
4/19〜4/21国際ドローン展スカイリンク・ジャパンブースにて
DroneWraps® for Mavic Pro グロスブラックカーボンの完成度にご満悦の請川氏
ドローンパイロット第一人者の請川博一氏も絶賛のDroneWraps®
兼ねてからのご縁もあり、請川氏よりMavic用のグロスブラックカーボンフィルムを施工まで含めてご注文いただきました。

カラーチェンジしたオリジナルの一台を手にした請川氏からは、「カーラッピング同様、これは面白いサービス。流行らせたい。」とのコメントをいただいております。
オリジナルの虎柄に変身した機体に喜びを隠せさないマイクロソフト エバンジェリスト 西脇資哲氏
ドローンのラッピングサービスがあると知ったマイクロソフトの西脇氏より、ご指名でフィルムのデザイン・印刷・施工を賜りました。

当初はPCのラッピングでのご縁でしたが、PCよりもラッピングされたマイドローンに夢中でした。
オリジナルの虎柄と品質の良さに大満足の西脇氏
カッターの刃先で器用にフィルムを剥がすマイスター三原
ドローン専門情報サイト「DroneTimes」でDroneWraps®マイスター三原が紹介されました。
産経新聞が運営するドローンのニュースを中心とした専門情報サイト「DroneTimes」で、女性初の弊社DroneWraps®マイスター三原の特集記事を掲載いただきました。

>>機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕
屋根点検サービス「DroneRoofer」を提供するCLUE様にて、サービス専用ラッピングをオプション採用。
DroneRoofer(ドローンルーファー)はドローンをiPadで操作し、撮影した屋根の写真を手もとで見ることができるサービスです。屋根に登る必要がなく安全に上空からの撮影が可能です。操作は簡単でiPadの画面をタップするだけで自動飛行されます。取得した写真の管理もでき、整理の煩雑さから解放されます。

>>DroneRooferの詳細はこちら
DroneRooferの専用カラーリング&ロゴが施されたPhanrom4 Pro

DroneWraps®はドローンジャイを応援しています。

安全第一!プロペラ戦隊ドローンジャイ

DroneWraps®を企画・開発・製造・販売するダイヤサービスでは、安全なフライトの啓蒙活動を目的に結成された女性5人組ユニットのドローンユニット「プロペラ戦隊!ドローンジャイ」を応援しています。

詳細はこちら

よくあるご質問
自分で貼れますか?
ある程度貼りやすいように、施工部位を細かく分けております。携帯の液晶保護フィルムを難なく貼れる方であれば問題ないかと思います。なお、ご希望の方には施工までを含めてお引き受けすることも可能です(施工工賃:9,000円)。詳細につきましては、こちらをご覧ください。
飽きたら剥がすことはできますか?
フェラーリやランボルギーニなどの高級車に施工しても塗装を傷めずに糊残り無く剥がすことのできるフィルムです。剥がすことを前提に開発されたフィルムですので、ご安心ください。
機体のセンサーに影響を与えないですか?
弊社にて全てのフィルムに対して、GPSを始めとする各種センセーに誤作動が生じないかどうか、確認をしております。(メッキフィルムの取り扱いがないのはこのためです。)しかしながらドローンという特性上、フィルムの有無関係なく全くの墜落・動作不安定リスクが無いわけではありません。施工はお客さまご自身の責任にてお願い申し上げます。
浮いたり剥がれたりしませんか?
剥がせるフィルムですので、絶対に浮かない・剥がれないということはありません。施工方法・施工環境(温度・湿度等)・使用環境などにより、浮きや剥がれが発生することはございます。また、なるべくそのリスクを減らすために、フィルムサイズは少し小さめとなっております。完璧をお求めの方はラッピングではなく、塗装されることをお勧めいたします。
もっとギリギリまで攻めて貼りたいです。
施工のしやすさと見栄えの両立を目指し、素人でも貼れることを前提に何度もトライ&エラーを繰り返した結果です。ギリギリを攻め過ぎると、その時はきれいに貼れても後々の浮きや剥がれを招きます。室内温度やフィルムによっても、コンピュータでカットされるサイズは微妙に異なります。「剥がせるフィルム」という特性を十分に理解した、当社ならではの判断であることをご理解賜りたく存じます。
どれぐらい長持ちしますか?
使用頻度・環境、保管環境により大きく異なりますので、一概には申し上げられません。フィルムメーカー公表内容としては概ね3年間は、大きな退色無く使用可能ということになっております。お手軽な着せ替えとして、定期的に貼り替えて頂けると嬉しいです。
重量はどれぐらい増えますか?
フィルムの種類にもよりますが、厚さ 0.12~0.20mmのフィルムですので、重量としては10g前後です。
自分のオリジナル柄のフィルムを作成してもらうことはできますか?
企業ロゴや愛犬などのデータを、aiファイルなどで提供をいただければ対応することが可能です。頂いたデータの校正費・フィルム印刷費が別途発生いたします。詳しくは直接、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。
機体の改造にはならないのでしょうか?
国交省ヘルプデスクに確認したところ、ステッカー類については改造の適用外とのことです。ただし、国交省への飛行申請時の「資料の一部を省略することが出来る無人航空機(PDFファイル)」に記載の最大離陸重量を超えてしまいますと、ステッカー等関係なく、改造扱いとなりますのでご注意ください。
届いたフィルムにシワが入っているようにみえますが?
フィルムの種類によって、光が当たる角度により、シワが入っているように見えてしまうものがあります。
しかし、これは不良品ではありません。
あくまでのシワのように見えるだけであり、機体に張って頂くと見えなくなりますのでご安心ください。
機体のセンサーに影響を与えないですか?
弊社にて全てのフィルムに対して、GPSを始めとする各種センセーに誤作動が生じないかどうか、確認をしております。(メッキフィルムの取り扱いがないのはこのためです。)しかしながらドローンという特性上、フィルムの有無関係なく全くの墜落・動作不安定リスクが無いわけではありません。施工はお客さまご自身の責任にてお願い申し上げます。

正規販売店・認定施工店
現在、下記店舗にてDroneWraps®を販売中です。店舗により所有する在庫が異なりますので、詳しくは各店舗まで直接お問合せください。

認定施工店については、ドローンラッピングの卓越した技術と知識を有すると認められた”DroneWraps®認定インストーラー”が常駐しております。

ツクモパソコン本店(東京都 秋葉原)

正規販売店 ※施工も引き受け可能

ツクモ名古屋1号店(名古屋市 大須)

正規販売店 ※施工も引き受け可能

DEPOツクモ札幌駅前店(札幌市 札幌)

正規販売店 ※施工も引き受け可能

ツクモ福岡店(福岡市 天神)

正規販売店 ※施工も引き受け可能

TSUKUMO BTO Lab. -NAMBA- ツクモなんば店(大阪市 日本橋)

正規販売店 ※施工も引き受け可能

DJI認定ストア新宿(東京都新宿区)

正規販売店

株式会社ワイズ技研(東京都渋谷区)

DroneWraps®認定施工店

Drone Custom Lab. 北陸富山(富山県砺波市)

DroneWraps®認定施工店

まがい品・類似品にご注意ください。
最近DroneWraps®の名を勝手に使用したり類似するブランド名で商品販売を行っている店舗や、Amazon等への出品がが見受けられます。中には得体の知れない粗悪なフィルムなのにもかかわらず「糊が残らない」等の嘘を並べた商品まで一部ございます。

DroneWraps®のフィルムを扱っているのは現在のところ、直営店舗・直営店舗運営のAmazonサイト、下記認定施工店・正規販売店のみとなります。お間違い無いよう、重ねてお願い申し上げます。

ドローンラッピング講習会
DroneWraps®ラッピング講習会は、単にドローンにフィルムを貼る方法をお伝えするだけではなく、ビジネス成功のヒントまでご案内しております。

ダイヤサービスは、ドローンラッピングビジネスの第一人者。よそでは真似の出来ない技術そしてノウハウを、真剣にビジネスとして考えてくださっている方々にのみ伝授してまいります。
お問い合わせ
フィルム・サービスに関するお問合せはこちらよりお願いいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信